しくじり高校生たかしくんの日記

偏差値50くらいの平均的な高校生日記

英語の参考書"Vintage"は人を選ぶかもしれない

 高校生で受験を意識する段階になると、理系文系関係なしに頭を悩ませるのは英語だろう。”まずい、偏差値45しかない><”、”なんかよくわからないけどできない”こんな感じに悩むのだろう。

 しかし筆者は、そこまでガチらなくても英語に関してはそこそこできてしまう人間であった。こうなると問題が発生する。”どうやって英語を勉強するのか?”だ。偏差値50レベルの高校にいれば英語の成績も学年ナンバー3くらいには入れるし、日東駒専も今のレベルのまま過去問を解き進めればなんとかなってしまうレベルだろう。しかしもっと上を目指すとなると話は別だ。もっと的確な勉強をしなければならない。通常こういったときは逆算的に勉強方法を考えるものだが、残念ながらそれすらもできない。筆者は悩んだ。

 その結果、インターネットのお友達に頼ることにした。Googleだ。彼/彼女は物知りで、知りたい情報をかなり的確に様々な視点から教えてくれる。”英語 参考書 おすすめ”僕もこんな感じで調べた。すると出てきたのが、”Vintage"と”Evergreen”であった。特にこの二つを比較検討したわけではない。Vintageのほうが表紙が強そうだったから買ったのだ。

 今、私はこのちょっと分厚い参考書をちょこちょこ解いているが、残念ながらレベルの上がった実感を持てない。英語を勉強している気になれないのだ。もちろん私が知らないだけで、実際のところはこんなものなのだろうが、幾分合わない気がするので、今度新しいのをこしらえようかと思っている。古典文法学習のために購入した東進の参考書が素晴らしかったから、同じ系列にしようかな~